銀行の品揃え


現在、投資信託が証券会社だけでなく、銀行でも取り扱っています。
金融の自由化は保険や証券会社との垣根を低くし、金融機関でも保険やファンドが販売できるようになったのです。
従来の金融機関の主力商品としては外貨預金や定期預金でした。
バブル経済期以降の低金利状況においては、もっと高い利回りを期待しての資産運用を求めるニーズがありました。
金融の自由化と併せて行われた外為法の改正などで外国為替証拠金取引ことFXも個人で出来るようになり、先物取引やミニ株、金投資など様々な個人向けの金融商品が登場してきました。
そんな中で個人向けの資産運用として注目されているのが投資信託です。
外貨預金は預貯金と比べて利回りは高いものの、途中契約や為替動向でコストやリスクがつきます。
また、定期預金でも低金利の中ではリターンも、そう期待はできません。
そこで注目が集まるのがファンドです。
将来の資産形成のために預金の一部を、普段使っている金融機関から移すことも容易です。
また、自由化により、証券会社との競争もあり、販売手数料が掛からないノーロード型のファンドも増えています。
同じ金融機関の間でも競争があり、ネットと店頭でも違う時があります。
販売手数料は初期の投資コストにも直結することにもなり、そうした面もファンドの選び方でポイントになります。
彗星

コメントは受け付けていません。