金融機関が取扱う金融商品の範囲の拡大・多様化


金融商品は金融機関を通して購入することになるのですが、この金融商品は非常に多くのものがあります。このように多様化してきたのは規制緩和の影響があると言えるでしょう。
投資家を守るために日本では様々な規制があり、それによって販売できる金融商品が制限されていました。この規制が徐々に緩和されるという傾向があります。
例えば、1998年には、銀行でも投資信託を販売して良くなりました。これによって、証券会社に口座を開設しなくても投資に関わることができるようになったのです。銀行に関して言えば、規制とは関係なく色々な商品を取り扱うようになってきたと言えるでしょう。例えば、外貨預金として取引できる外貨の種類は、過去に比べると非常に多くなってきているのです。
証券会社も充実してきていて、株式だけではなくてデリバティブなども扱う事ができるようになってきています。社債などもありますから、リスクを抑えて取引をしたい人にとっても適した商品を選ぶことができるようになってきたのです。そのほか、FXやCFDなど、店頭取引の商品も充実してきていますから、個人投資家でも複雑な戦略で投資をすることができるようになってきたといえるでしょう。

コメントは受け付けていません。