総合口座の機能を一段と高める動き


総合口座とは、一冊の通帳の中に流動性の高い普通預金・積み立てが出来る定期預金等あらゆる機能が組み込まれている通帳です。 普通預金からは公共料金の支払い・クレジットカードの引き落とし・給料の受け取り・ATMからの引き出しや・送金機能が組み合わされています。 そして定期預金を担保として、普通預金への貸越サービスがあり、例え普通預金残高が無くとも、定期預金から借り入れが出来ますので、お金を増やすことが出来ます。 更に、ビックバーン進展に伴って、銀行はリスクの高い投資信託の販売を開始し、証券会社はより利便性の高い金融商品を取り扱うようになり、金融市場はミドルリスク・ミドルリターンの商品を増やしています。 銀行では定期預金がメインでしたが、MMFや投信を組み合わせており、証券会社では、容易に現金に換金できる投信を中核に、公共料金や、クレジットカード等の引き落としを開始し、保険会社も新たなサービスを開始しました。 金融商品が増えてきますと、商品を自由に選択することが出来ますが、結果として資産を増やしていくのか、減らすのかは全て自分で責任を負わなければならない時代になってきましたので、益々この通帳の必要性・重要性が従来よりも増してきております。

 

キノコ

コメントは受け付けていません。